「幸せ!」と感じた時に体の中で起きていること

脳内の神経伝達物質であるドーパミンとセロトニンの放出によって体内で喜びを感じる

自律神経系も喜びと喜びの感情の影響を受ける

気分を高め、ストレスを軽減することによって、笑顔が脳を欺くことができる。笑顔 は本当の感情に基づいている必要はない

誰も頼れない人向け!極度の緊張と恐怖の克服法「サヨナラ・モンスター」

新しい父親にもうつ病スクリーニングが必要

子どもと一緒に小児科診療所に訪問中に両親に行われたうつ病スクリーニングの結果では父親の4.4%と母親の5%がうつ病の陽性であった。

出産前後に多くの女性が検査されるが、男性は必ずしもスクリーニングされていない

父親のうつ病の多くのが診断不能かつ未治療になっていることは問題である

名医が教えてくれた”わきが”改善法!高額な費用をかけて手術などする必要はありません。

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル(自閉症スペクトラム障害ASD対応)

正露丸がアニサキスの症状を緩和する!(かもしれない(*^^*))

正露丸の主成分の木クレオソート(wood creosote)をアニサキスに暴露すると、用量依存的に虫体の活動が抑制されたという論文があります。(SekimotoM,etal.Hepatogastroenterology 2011; 58: 1252-4.)。
エビデンスレベルは低いのですが、アニサキスの痛みに正露丸が効く可能性を示唆しています。
アニサキスの痛みの発生機序は、直接胃粘膜に噛みついて痛みを出す、あるいはアレルギー反応の一環として痛みが出ると言われています。
アニサキス症の根本治療は内視鏡による除去、症状緩和に抗アレルギー薬が使われます。

その中で寿司、刺身を食べた後の腹痛にはまず正露丸の内服を考慮してもよいかもしれません。

中川式腰痛治療法

中川式ひざ痛治療法

中川式【首痛・肩こり】治療法

喫煙が慢性痛を悪化させる。

ニコチンによる痛みの軽減は短期間であり、酸素が豊富な血液の骨や組織への送達を損なう

時間の経過とともに、喫煙は痛みを悪化させる可能性がある

喫煙者は、腰痛を感じる可能性が3倍近くあり、疼痛治療を求める患者の50%以上を占めている

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意

男性向けフットケアポディスト通信講座【認定コース】

ストレスに強くなるマインドフルネス

いま、ここにあろうとすることで、日々のストレスを緩和するマインドフルネス。

マインドフルネスは仏教の座禅と似ている。

座禅をしていると、頭の中にどんどん雑念が浮かんでくる。

その雑念を無理に消そうとするのではなく、放っておく。

消え去るのを待つ。

完全に何も考えないというはほぼ不可能である。

自分の意志とは裏腹に、どんどん雑念が浮かんでくる。

消そうと思うと、余計に意識がその対象に向かってしまい、負の連鎖に陥ってしまう。

今起きている現実だけに意識を集中させる。

ストレスは過去の体験など、何かネガティブな対象に意識が集中して生まれてくる。

その対象に付き合うのではなく、流してしまう。

過去の嫌な体験が浮かび上がってきたら、取り合わずに流してネガティブな感情の連鎖を断ち切る。

嫌なことがあったという事実を消すことはできない。

でも、その反応を消すことはできるようになる。

「嫌なことがあった。はい、以上。じゃあ次行こう。」

この習慣を身につけると、なにか嫌なことがあったとき、心が反応する前に気にならなくなってくる。

人生のクオリティを挙げるためにも、このマインドフルネスをぜひとも会得することをすすめたい。

糖尿病の情報についてはこちら

糖尿病改善5ミニッツ 自宅でラクにできる「青坂式」糖尿病改善プログラム
糖尿病の情報はこちらをクリック

高血圧についての情報はこちら

【荒木式】高血圧改善プログラム~薬もキツイ運動もやめられた画期的な食事法~
高血圧はこちらをクリック

腰痛対策ストレッチについての情報はこちら

●35歳以上特奨:3分間の腰痛対策『細胞活性ストレッチ』 東大名誉教授推薦!(DVD版)
腰痛対策ストレッチはこちらをクリック

シダキュア(花粉症治療薬)が発売されました!

2018年6月29日にシダキュアが発売されました!

シダキュアは、体をスギ花粉に強くさせて、スギ花粉症の症状を出にくくする薬です。

シダキュアはスギ花粉のアレルギーのもとが入っている薬で、体を少しずつスギ花粉にならしてスギ花粉に強い体にすることを目的としています。

シダキュアを毎日正しく飲むと、スギ花粉が飛んでいる季節に効果が現れます。

くしゃみ、鼻水、鼻づまりが良くなります。涙目、目のかゆみが良くなります。

少しずつ体にならしていくため、最初の1週目はシダキュア2000JAU、その後はシダキュア5000JAUを1日1回1個を舌の下に置いて溶かして飲みます。

飲んだあと2時間は激しい運動は控えて、風呂も控えます。

喘息発作時、口の中に傷がある、風邪をひいている、歯の治療中のときは内服をいったん中止します。

花粉を直接口の中に入れるので、副作用として口の中がかゆくなる、腫れる、のどがかゆくなるなどの症状が出ることがあります(50%程度の人は軽度の副作用が出現します)が、続けられそうなら続けます。

アレルギーの治療では、全身性の強いアレルギー反応が出ることが最も心配ですが、現在までの研究ではシダキュアでアナフィラキシーショックを起こした人はいません。

治療期間は3年以上が推奨されています。

5歳以上65歳未満の人が対象です。

日本人の約4分の1が花粉症と言われています。

花粉症の人にとって、花粉症の時期というのは、集中力が減退して、眠れなくなり、子供の場合は外で元気に遊ぶこともしたくなくなります。

シダキュアで治療することで、生活がより快適になります。

5歳以上から適応可能になりましたので、興味のある人は是非お近くの花粉症治療を行っている病院や診療所で説明をきいてみると良いと思います(^^)。

・糖尿病の情報についてはこちら

糖尿病改善5ミニッツ 自宅でラクにできる「青坂式」糖尿病改善プログラム
糖尿病の情報はこちらをクリック

・がんの食事療法についての情報はこちら

【荒木式】がん対策プログラム~元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法~
がんの食事療法はこちらをクリック

・高血圧についての情報はこちら

高血圧改善5ミニッツ 自宅でラクにできる「青坂式」高血圧改善プログラム
高血圧はこちらをクリック

ヘリコバクターピロリ感染胃がんの方が術後の予後良好

ヘリコバクターピロリ感染は胃がんの発生リスクとなりますが、手術後の予後に対してどのような影響を及ぼすかは明らかではありません。

独協医科大学では、胃がん手術後症例におけるピロリ感染の有無および菌量が予後に及ぼす影響を比較検討しました。

ピロリ菌感染を伴う症例の方が術後の5年生存率は有意に高く、菌量が多いほど高かったと報告しました。

リンパ節転移のある陽性群で5年生存率が高いということがわかりました。

胃がんの発生には、胃粘膜の慢性炎症の結果として生じる萎縮性胃炎が関連することが示されており、これにはピロリ感染が重要な役割を果たしています。

そのため、ピロリ菌は胃がんの発がん因子とされています。

一方、胃がん手術後はピロリ感染を伴う症例の方が予後が良好との複数の報告があります。

そこで獨協医科大学は胃がん手術後の200例を対象としてピロリ陰性群(98例)と陽性群(102例)について比較検討しました。

胃がん背景粘膜でのピロリ感染を培養法で測定し、感染の有無だけでなく菌量の多寡に関しても検討しました。

その結果、5年生存率はピロリ陰性群(29%)に比べて陽性群(50%)で有意に高かったです。

菌量による比較では、菌量が多くなるほど5年生存率も高いという結果でした。

早期がん、進行がんの比較においても、陽性群の方が5年生存率が高く、進行がんでは有意差がみられました。(陰性群21.1% 陽性群36.7%)

リンパ節転移に関しても、転移の有無にかかわらず5年生存率は陽性群で高く、特に転移あり例では陰性群16.8%、陽性群36.8%と有意差が認められました。

陽性群で予後が有意に良好だった因子は⓵進行胃がん、⓶リンパ節転移陽性、⓷腹膜播種陰性、⓸肝転移陰性だと説明がありました。

獨協医科大学はさらに、胃がんと胃がん背景組織におけるCOX-2 mRNAの発現量についても検討を行いました。

COX-2は胃がんや大腸がんの発現、炎症に関連する因子です。

その結果、がん組織と正常組織(非がん部)におけるCOX-2 mRNAの発現量については、正常組織の4.91に比べてがん組織では5.14と多かったです。

正常組織ではピロリ菌感染の有無によりCOX-2 mRNAの発現量に差は見られず、ピロリ感染がCOX-2の発現を誘導していないことがわかりました。

また、アスピリンによりCOX-2の発現を抑制した場合、ピロリ菌除菌後の発がんが見られなかったとの報告などもあり、COX-2に関連した発がん過程にピロリ菌感染の影響は小さいことが示唆されています。

研究者は「さまざまな予後関連因子があるが、今回の検討ではピロリ感染例は進行がんやリンパ節転移例で予後が良好でした。特にリンパ節は細胞免疫が働く場であることから、ピロリ菌の感染は細胞免疫に影響を及ぼしている可能性が考えられます。」と結論づけていました。

とはいえ、ピロリ菌感染は胃がんの発生リスクとなりますので、今までピロリ菌の検査を受けたことがない人は自分の胃の中にピロリ菌がいないかを必ず確認しましょう。

今はインターネットでピロリ菌検査キットが販売されています。

陽性であった場合、必ず病院を受診して除菌してください。

ピロリ菌除菌をすれば胃がんは防げます!

胃がんの予防を日本全体ですすめていくために、皆様ピロリ菌検査をしてください。

よろしくお願いいたします!

・腰痛対策ストレッチについての情報はこちら

●35歳以上特奨:3分間の腰痛対策『細胞活性ストレッチ』 東大名誉教授推薦!(DVD版)
腰痛対策ストレッチはこちらをクリック

・吃音についての情報はこちら

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム
吃音はこちらをクリック

・子宮筋腫についての情報はこちら

改訂版・14日間集中!子宮筋腫・改善講座
子宮筋腫はこちらをクリック

ホルモン避妊法が自殺リスクと関係

ホルモン製剤による避妊が自殺リスクと関係することを示すデータが、デンマークなどのグループによりAm J Psychiatryの4月号に発表されました。

同グループは、精神疾患歴および抗うつ薬やホルモン避妊法の使用歴がなく、1996~2013年の前向きコホート研究の期間中に15歳を迎えたデンマークの全女性を対象に、ホルモン避妊法と自殺企図および自殺との関係を検討しました。

対象は約50万例(平均年齢21歳)。

平均8.3年の追跡期間中に初回自殺企図が6999例、自殺が71例発生しました。

現在および最近のホルモン避妊法使用の非使用に対する相対リスクは自殺企図が1.97、自殺が3.08でした。

避妊法別の自殺企図の推定リスクは混合ピル1.91、ミニピル2.29、膣リング2.58、避妊パッチ3.28でした。

・躁うつ病心理療法についての情報はこちら

躁うつ病心理療法プログラム
躁うつ病はこちらをクリック

この心理療法プログラムは、全く世の中に出たことのないもので、躁うつ病の方を実際支援させていただいている現場で取り入れている療法をCDに収録しております。

日頃、認知行動療法や自立訓練法など、実際すべての患者さんに行っているものです。

また、ご自宅で日頃の取り組みとしても患者さん全員に、この心理療法プログラムを使い、呼吸法や気功ストレッチに取り組んで頂いております。

最先端である臨床心理学に基づく心理療法と、古来より伝わる伝統養生法を組み合わせ、病気の改善に最も有効な療法を、ご自宅でも出来るようにプログラム化したものとなります。

すでに販売実績と改善実績も多くあり、安心して販売していただける商品であると思います。
躁うつ病はこちらをクリック

・不安障害についての情報はこちら

不安障害心理療法プログラム
不安障害はこちらをクリック

この心理療法プログラムは、全く世の中に出たことのないもので、不安障害の方を実際支援させていただいている現場で取り入れている療法をCDに収録しております。

日頃、認知行動療法や自立訓練法など、実際すべての患者さんに行っているものです。

また、ご自宅で日頃の取り組みとしても患者さん全員に、この心理療法プログラムを使い、呼吸法や気功ストレッチに取り組んで頂いております。

最先端である臨床心理学に基づく心理療法と、古来より伝わる伝統養生法を組み合わせ、病気の改善に最も有効な療法を、ご自宅でも出来るようにプログラム化したものとなります。

すでに販売実績と改善実績も多くあり、安心して販売していただける商品であると思います。
不安障害はこちらをクリック

育児中の男女外科医が抱えるストレスの実態

育児中の外科医が抱えるストレスの実態を明らかにする目的で、18歳未満の子供を持つ日本外科学会会員を対象に行われた「働くドクターのストレス調査」の結果を、東京女子医科大学が報告しました。

その結果、男女とも「自分の時間の不足」によるストレス経験率が1位でした。

同調査では、リクルートワークス研究所が育児をしながら働く男女を対象に行った「働くマザーのストレス調査」の設問をもとに、ストレスを感じることとして「日常のいらだちごと」を50項目、「人生の出来事」を43項目設定。

18歳未満の子供を持つ日本外科学会会員を対象に、各項目のストレス経験の有無(経験率)、および、100点満点で評価したストレスの度合い(ストレス値)について、インターネット調査を実施しました。

その結果、「日常のいらだちごと」のストレス値のランキングでは、外科医全体では仕事に関する項目が上位を占め、1位は女性外科医では「職場内でのいじめ・嫌がらせ」、男性外科医では「子供の一時預け先探し」でした。

また、男性外科医の6位は「お弁当作り」で、男性外科医が積極的に家事を行っている可能性が示唆されました。

一方、「日常のいらだちごと」の経験率では、外科医は男女ともに1位が「自分の時間の不足」で、仕事に関する項目も多く上位に入りました。

「アカハラ」が上位の一方、配偶者への不満は少ない傾向でした。

「人生の出来事」に関するストレス値では、「アカハラ」が女性外科医で5位、男性外科医で4位といずれも上位でした。

参考調査の女性では1~4位を配偶者に関する悩み「失業、ギャンブル依存、暴力(DV)、収入減」が占めたが、女性外科医ではいずれも、上位15位のランク外でした。

以上から、子育て中の外科医における主なストレスは、男女ともに時間の不足に関係するもので、仕事でのストレスも多いことが明らかとなりました。

研究者は「外科医が働く意欲を持って能力を発揮するには、ストレスの原因を探り、可能なところから解決する取り組みが必要である。」と結論しました。

・がんの補完医療についての情報はこちら

末期がんから生還せよ!いつでも、どこでもできるエビデンスを持つ安全、最強の補完医療【全額返金制度あり】
がんの補完医療はこちらをクリック

・うつ病についての情報はこちら

うつ病心理療法プログラム
うつ病はこちらをクリック

この心理療法プログラムは、全く世の中に出たことのないもので、うつ病の方を実際支援させていただいている現場で取り入れている療法をCDに収録しております。

日頃、認知行動療法や自立訓練法など、実際すべての患者さんに行っているものです。

また、ご自宅で日頃の取り組みとしても患者さん全員に、この心理療法プログラムを使い、呼吸法や気功ストレッチに取り組んで頂いております。

最先端である臨床心理学に基づく心理療法と、古来より伝わる伝統養生法を組み合わせ、病気の改善に最も有効な療法を、ご自宅でも出来るようにプログラム化したものとなります。

うつ病はこちらをクリック

・過食症についての情報はこちら

過食症心理療法プログラム
過食症はこちらをクリック

この過食症心理療法プログラムは、こころの相談室公式サイト「精神病ネット」にて販売されており、すでに多数の実績のあるものです。

このプログラムは日頃,精神医療現場でカウンセリングや心理療法として治療している療法をCD化し、自宅で、いつでも心理療法が受けられ、摂食障害を,ご自身で回復するために,こころの相談室が制作監修したものです。

こころの相談室では、日頃心理療法と自己治癒力を高める自然療法を中心に、様々な精神病の治療回復支援をさせて頂いております。

この過食症心理療法プログラムは、過食、過食嘔吐、下剤乱用、チューイングといった、摂食障害の様々な症状を治療回復をするために、医療気功ストレッチと丹田呼吸法、心理療法を組み合わせ、ご自宅で自分自身で治療回復が出来るようプログラムしたものです。

◆適応できる症状

過食が止まらない方
過食嘔吐の方
下剤乱用の方
チューイング(噛み吐き)する方
拒食から過食へ転換している方
過度の運動で体系を維持している方
生理が止まってしまった方
ダイエットをしてリバウンドを繰り返している方
何を食べたらよいか、わからなくなっている方
過食症と他の精神疾患を併発している方

◆このような方にお薦めします

絶対に回復したい方
薬物療法をされていても良くならない方
長年患われ、誰にも相談できないでいる方
様々なことに取り組んでも良くならない方
カウンセリングを受けてもあまり効果がない方
自宅で治したい方
誰にも知られないで回復したい方

過食症はこちらをクリック