ホルモン避妊法が自殺リスクと関係

Pocket

ホルモン製剤による避妊が自殺リスクと関係することを示すデータが、デンマークなどのグループによりAm J Psychiatryの4月号に発表されました。

同グループは、精神疾患歴および抗うつ薬やホルモン避妊法の使用歴がなく、1996~2013年の前向きコホート研究の期間中に15歳を迎えたデンマークの全女性を対象に、ホルモン避妊法と自殺企図および自殺との関係を検討しました。

対象は約50万例(平均年齢21歳)。

平均8.3年の追跡期間中に初回自殺企図が6999例、自殺が71例発生しました。

現在および最近のホルモン避妊法使用の非使用に対する相対リスクは自殺企図が1.97、自殺が3.08でした。

避妊法別の自殺企図の推定リスクは混合ピル1.91、ミニピル2.29、膣リング2.58、避妊パッチ3.28でした。

・躁うつ病心理療法についての情報はこちら

躁うつ病心理療法プログラム
躁うつ病はこちらをクリック

この心理療法プログラムは、全く世の中に出たことのないもので、躁うつ病の方を実際支援させていただいている現場で取り入れている療法をCDに収録しております。

日頃、認知行動療法や自立訓練法など、実際すべての患者さんに行っているものです。

また、ご自宅で日頃の取り組みとしても患者さん全員に、この心理療法プログラムを使い、呼吸法や気功ストレッチに取り組んで頂いております。

最先端である臨床心理学に基づく心理療法と、古来より伝わる伝統養生法を組み合わせ、病気の改善に最も有効な療法を、ご自宅でも出来るようにプログラム化したものとなります。

すでに販売実績と改善実績も多くあり、安心して販売していただける商品であると思います。
躁うつ病はこちらをクリック

・不安障害についての情報はこちら

不安障害心理療法プログラム
不安障害はこちらをクリック

この心理療法プログラムは、全く世の中に出たことのないもので、不安障害の方を実際支援させていただいている現場で取り入れている療法をCDに収録しております。

日頃、認知行動療法や自立訓練法など、実際すべての患者さんに行っているものです。

また、ご自宅で日頃の取り組みとしても患者さん全員に、この心理療法プログラムを使い、呼吸法や気功ストレッチに取り組んで頂いております。

最先端である臨床心理学に基づく心理療法と、古来より伝わる伝統養生法を組み合わせ、病気の改善に最も有効な療法を、ご自宅でも出来るようにプログラム化したものとなります。

すでに販売実績と改善実績も多くあり、安心して販売していただける商品であると思います。
不安障害はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です