医師が元気に働くための7か条

Pocket

メンタルヘルス不調者のいる割合を産業別に見た場合、「医療・福祉」は76.6%で最多です。

その中でも医師は他者に相談しにくいパーソナリティーであり、医師の30人に1人が自殺を考えているという現状があります。

医師が元気に働くための7か条を記します。

⓵睡眠時間を充分確保しよう。

・最低6時間の睡眠時間は質の高い医療の提供に欠かせません。
・患者さんのために睡眠不足は許されません。

⓶週に1日は休日をとろう。

・リフレッシュすればまた元気に仕事ができます。
・休日をとるのも医師の仕事の一部と考えましょう。

⓷頑張りすぎないようにしよう。

・慢性疲労は仕事の効率を下げ、モチベーションを失わせます。
・医療事故や突然死にもつながり危険なのでやめましょう。

⓸「うつ」は他人事ではありません。

・「勤務医の12人に1人はうつ状態」
・うつ状態には休養で治る場合と、治療が必要な場合があります。

⓹体調が悪ければためらわず受診しよう。

・医師はとかく自分で診断して自分で治そうとするもの。
・しかし、時に判断を誤る場合もあります。

⓺ストレスを健康的に発散しよう

・飲んだり食べたりのストレス発散は不健康のもと。
・運動(有酸素運動や筋トレ)は健康的なストレス発散に最も有効です。
・週末は少し体を意識的に動かしてみましょう。

⓻自分、そして家族やパートナーを大切にしよう。

・自分のいのち、そしてかけがえのない家族を大切に。
・家族はいつもあなたのことを見守ってくれています。

自分のストレス状態を自覚し、うまく発散することをこころがけましょう(^^)。

⓵糖尿病の情報についてはこちら

糖尿病改善5ミニッツ 自宅でラクにできる「青坂式」糖尿病改善プログラム
糖尿病の情報はこちらをクリック

⓶がんの食事療法についての情報はこちら

【荒木式】がん対策プログラム~元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法~
がんの食事療法はこちらをクリック

⓷高血圧についての情報はこちら

【荒木式】高血圧改善プログラム~薬もキツイ運動もやめられた画期的な食事法~
高血圧はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です