健康寿命をのばそう

Pocket

世界最高レベルの平均寿命を達成した日本ですが、これから目指していくのは健康寿命の延伸です。

健康寿命とは

「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間。」

平均寿命と健康寿命の間には男性で約9年、女性で約12年もの開きがあります。

なるべく、この健康でない期間を減らしていくことがこれからの日本の課題のひとつになります。

高齢者で問題になるのは、⓵ロコモティブシンドローム、⓶サルコペニア、⓷フレイルなどの言葉で表せられています。

⓵運動器の障害のために移動機能の低下をきたした状態。

⓶筋肉量の減少による身体機能の低下。

⓷虚弱状態。

これらの予防のために気を付けることは、ズバリ、食事と運動です。

1.タンパク質をしっかり摂る。(良質な魚、お肉など)

2.有酸素運動と筋トレ。(片足立ち、スクワット)

身の回りの高齢者が要介護に陥らずに生活ができるように、良い食生活と運動習慣で病気の予防を心掛けたいものです。

⓾うつ病についての情報はこちら

うつ病心理療法プログラム
うつ病はこちらをクリック

⑾過食症についての情報はこちら

過食症心理療法プログラム
過食症はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です