医師 転職のすすめ 2019年

毎年4月と10月は、医師をはじめ医療従事者の転職が多くなる時期ですね。

私は整形外科が専門の医師ですが、今までに急性期病院からリハビリテーション病院、クリニック、在宅医療まで様々な勤務先で働いてきました。

そして、現在も複数の病院やクリニックで働いており、訪問診療も行っています。

これは、患者さんを診ていく上で、今の働き方の方が在宅と病院との「顔の見れる連携」がスムーズにとれて、地域医療が途切れることなくつながっていて、患者さんにとってより良いと考えているからです。「地域包括ケア」の考え方です。

また、どこの病院で勤務することになっても、上手くスタッフとコミュニケーションがとれて、自然にその病院の中で円滑に働ける人間の方が、安定して働けていると考えています。

これからの時代というのは、ずーっとひとつの職場で死ぬまで働き続けるという時代ではないと思います。

多くの病院で多くの経験をすることが、より自分の人生を豊かにしてくれます。職場が変われば、また違った視点で物事を見ることができるようになります。

ということで、転職をするにあたって、現在どこの病院が人手が足りていないのか、また、自分にとって最適な勤務先がどこなのかを決定するにあたって、必要な情報を得るためには仲介会社の登録が必須となります。

登録は無料なので、主要な仲介会社をいくつか(3つくらい)登録しておいて、比較をしながら探した方が間違いないかと思います。

おすすめの仲介会社3つはずばり

①「エムスリー」

医師転職のエムスリーキャリア

②「民間医局(メディカルプリンシプル)」

【民間医局】の医師求人情報
【民間医局エージェント】による非公開医師求人情報
豊富な非常勤、スポット勤務情報『民間医局』
【民間医局】ドクターエージェンシーシステム

③マイナビ

医師の転職、アルバイトならマイナビDOCTOR

です。

⓵「エムスリー」

最大手なので、転職を考えているなら登録必須の仲介会社かと思われます。

医師転職のエムスリーキャリア



それと、私が訪問診療を行うにあたって、最も密に連携をとっている病院を紹介していただいたのが、

⓶「民間医局」(株式会社メディカル・プリンシプル社)

さんです。



【民間医局】の医師求人情報
【民間医局エージェント】による非公開医師求人情報
豊富な非常勤、スポット勤務情報『民間医局』
【民間医局】ドクターエージェンシーシステム

本当に一期一会の病院を紹介していただいたと感謝しております。

私はここの医師賠償責任保険にも入っています。

先輩医師からは、「患者さんから訴えられてもいいようにどこかひとつは医師賠償責任保険に入っておけ。」と言われていたので、医師3年目からずっとここの保険に入っています。

(幸い私はまだこの保険のお世話になったことはありませんが、そのアドバイスをくれた先輩医師は同時に2件、患者さんから訴えられて、医師賠償責任保険のお世話になっていました><。医師の方はどこでも構わないので医師賠償責任保険に入っておきましょう。)

スポット勤務や非常勤探しでは

③マイナビ

医師の転職、アルバイトならマイナビDOCTOR



に登録しています。

転職を考えている医師の方は、今後の参考にしていただければと思います。